Retry YN【リト】’s blog

ゲーム攻略ブロガーがあなたに送る。人生のはじめてを攻略化するブログ!

【はじめての転職】具体例から見る!転職の軸を撤退解析。~主要な3つの要素~

【はじめての転職】

具体例から見る!転職の軸を撤退解析。

~主要な3つの要素~

こんにちは、リトです。

転職活動が成功に終わるか。失敗に終わるか。

明暗を分けるのが転職の軸です。

転職はしたいけど、何から手を付けて良いのか。失敗自体が凄く怖い。

その気持ち物凄くよく分かります。

私も無計画で挑んで失敗した。(笑)

しかし、それは転職の軸と言う言葉を知らずになんとなくで進めてしまった自身の愚かさが原因でした。

そんな失敗をしないために本記事で徹底的に解析します。

転職を成功させたい!

あなたの叶えたいものは何ですか?

本記事を読むと「転職の軸とは何か?」「転職する人はどんな事を考えて転職の軸を決定しているのか?」「転職の成功とは何か?」について知ることが出来ます。

合わせて読みたい→転職の進め方!情報収集から内定までの7つのアクションプラン。 ~転職入門編③~

転職の成功とは?

あなたが思う転職の成功は何でしょうか?

この成功は人によって無限に存在します。

例えば、こんなケース。

【ケース1】

・仕事が大変で毎日疲れ切って、生きている実感がない。

 

→生活に時間的なゆとりが欲しい。

【ケース2】

・将来的の海外で活躍をしたいが、今の会社にはない。

 

外資系の企業で、海外赴任の機会を得る。

【ケース3】

・仕事自体は好きで楽しいが、人間関係が大変。

 

→和気あいあいとした、アットホームな環境へ移る。

…など。

このように人によって叶えたいゴールは全く違います。

ゴール設定をするのが転職の軸です。

転職で成功したいのであれば、根幹となる転職の軸の決定が必要となるのです。

以上が、転職の軸を決定する最大の理由となります。

転職の成功は人によって違うのか。

転職の軸で叶える。

転職の軸は転職の成功を叶えるとお伝えしましたが、一つ大きな問題に直面します。

今の現状の不満を持っているが、変えるべき方向性が分からない。

という問題ではないでしょうか?

しっかりと考えて欲しいことは、転職は自身の一番時間の使っている環境を変える一つの手段であると言うことです。

人生の選択肢はもっと無限にあります。

例えば、給料を上げたいなど。

これは転職で叶えることも出来ますが、副業や投資などでも叶えることが出来ます。

あくまで転職は「今の仕事の環境で転職をすることで叶えられることは何か?」「 転職以外の解決があるのではないか?」は視野に入れておくべきです。

ここで今、一度自身の状況を整理してみて下さい。

あなたが今、転職という選択肢を考えている最大の理由は、「今の会社でずっと働いて行くビジョンが見えない」からではないでしょうか?

つまり、今使っている時間が「惜しい」「もったいない」「苦しい」というのが、主な理由なハズです。

頑張る意味を見失いがちだな~。

転職の軸で意識すべき3つのこと。

転職の軸を決められないのは、今の状況がしっかりと自認で来てない状態であるものの、その「モヤモヤ感」が何か分かっていないことで起こっています。

つまり、自分の中にある「理想と現実のギャップ」を洗い出す必要があります。

そこで重要になるのは以下の3つです。

  1. 理想の将来像をイメージしてみる。
  2. 現在のギャップを書き出してみる。
  3. 改善の優先順位を付ける。

以上の手順を踏んで転職で叶えられそうなものを挙げて行きます。

それぞれ簡単に見て行きます。

理想の将来像をイメージしてみる。

あなたの理想とする人生像について考えて見て下さい。

鮮明に写真や動画のようにイメージ出来る様に想像しましょう。

イメージするポイントは10年後や年齢、気温、会話内容、家具の配置などまで細かく想像してみましょう。

細かくイメージ出来れば出来るほど、そこまでのギャップを埋めやすくなります。

例えば、こんな感じです。

現在、35歳で3つ下の妻がいて、娘が3年前に産まれて来月が誕生日。

 

今は8月14日の午前11時頃。気温は34℃。湿度は高くて唸るような暑さだ。

 

しかし、今日は家族で車を1時間走らせてプールに遊びに来ている。

 

妻は朝早くから、今日のためにお弁当を用意してくれていて、その前に娘に遊んでとせがまれている状況だ。

 

「お昼の用意するから相手してあげて」と言われて、「パパ行くよ」と手を引っ張られている。

 

普段は平日の仕事で、休みの日に家族と一緒に出掛けている時間がとても幸せである。

これは現在25歳の男性が10年後を想像した様子を描いています。

その情景などがなんとなくイメージが出来ると思います。

この場合、価値観として家族を大切にして休みの融通が取ることができ、ある程度の金銭的な余裕があることが分かります。

このように情景を思い浮かべることで必要な背景を洗い出して行く事が出来ます。

将来の幸せな姿を思い描こう。

現在のギャップを書き出してみる。

上の例を元にするとこんな感じです。

①31歳までの結婚をしている。

②車を持っている。

③土日祝休みの仕事に就いている。

④仕事で疲れ切っていない。

…など。

これらから現在の状況になるための労働環境に必要なものが分かります。

  • 年収600万~1,000万前後は貰っている。
  • 休みがしっかり取れるだけの従業員数がいる。
  • 土日祝休みなので法人相手の仕事である。

ここから現在足りていないものを考えて行きましょう。

改善の優先順位を付ける。

挙げた条件の中で以下が現在の状況だとします。

  • 25歳現在の年収は400万。
  • 従業員は普通だが休日出勤はある。
  • 法人相手の仕事で土日休みである。

改善すべきポイントは年収と休みについてです。

ここで年収の改善は2つの選択肢があります。

  1. 市場価値を高めて給料を上げる。
  2. 副業でプラスの収入を作る。

ここで考えるのは家族との時間を大切にしたいという価値観です。

副業は休みの時間が取られるので、市場価値を高めて本業に絞ろうという選択にします。

次は休みについてですが、結婚後に達成できていればよいので、優先しなくて良いものです。

このように何年後に達成すれば良いのかで優先順位を付けて行けば、転職の軸は決まって行きます。

逆算すればすぐに決まるな~。

転職の軸になる3つの要素と具体例。

転職の軸を考えるにあたって3つの要素が主に軸となることが多いので紹介します。

  • 働き方による転職の軸
  • 待遇面による転職の軸
  • 職場環境による転職の軸

それぞれどういうものか例を挙げて行きます。

※内容によっては重複するものも存在します。

働き方による転職の軸

働き方の転職の軸は自身の仕事への向き合い方で変わることが多い内容です。

具体的には以下のようなものが挙げられます。

・成長を感じる裁量のある仕事をしたい。

・専門的なスキルを極めてスペシャリストになりたい。

・新しい職種にチャレンジして知見を広げたい。

・海外で活躍できるキャリアを踏みたい。

ワークライフバランス重視で仕事をしたい。

成長思考か安定思考か。

待遇面による転職の軸

待遇面の転職の軸は組織のルールや枠組みを選ぶ方法となります。

具体的には以下のようなものが挙げられます。

・似た仕事内容で給与アップをしたい。

・残業の時間を減らしてゆとりを生みたい。

・育児に合わせて時短勤務をしたい。

・フルリモートの仕事に就きたい。

・育児休暇のある職場で働きたい。

仕事以外に優先したいことが多いね。

職場環境による転職の軸

環境による転職の軸は組織の商品や人間関係などの輪で選ぶケースです。

・社会貢献性の高い製品・サービスに関りたい。

・同世代の人たちと仕事をしたい。

・年齢関係なくチャレンジできる環境に行きたい。

・スタートアップメンバーとして会社と一体となって働きたい。

・人間関係を広く持てる所で働きたい。

合わせて読みたい→転職初心者が知っておくべきメリット・デメリット~転職入門編②~

転職の軸で防げる3つの重要ポイント。

ここまでは転職の軸についての作り方とどんなものがあるかを紹介してきました。

では、実際に転職の軸を決めることで防ぐことの出来る3つの重要ポイントについて解説して行きます。

3つの重要ポイント

◎大転職時代における目的意識の欠如。

◎転職後のミスマッチの防止。

◎面接における転職理由の一貫性。

それぞれ見て行きましょう。

大転職時代における目的意識の欠如。

本ブログでは現在は転職が当たり前の時代となり「何回も転職することは間違いではない」とお伝えしているのですが、何度も転職して行くうちに失われるものがあります。

大転職時代についてはこちらから→不安を払拭!イメージから知る転職の必要性~会社寿命と労働寿命~

人は慣れを感じると今まで大切にしていたことを忘れてしまう事が多いです。

例えば、彼女や奥さんが料理を作ってくれたり、友達から遊びに誘われたりすることに感謝をする気持ちを失うなどが挙げられます。

転職を何回も行っていると条件だけを見て、今の転職にどんな目的があるのかを忘れてしまいます。

転職の軸は一回、一回、今は何を求めて転職しているのかを見直すきっかけとなり、自身のやるべきことを見失うことを防いでくれます。

当たり前に感じると大事なことは忘れがち。

転職後のミスマッチの防止。

転職の軸がないまま転職を進めてしまうことは想像で進めてしまう事に直結します。

この事が想像と現実のギャップによって失敗だったと感じてしまいます。

例えばこんな例があります。

・裁量があると思って入ったら社長のワンマン経営で意見が全く通らなかった。

 

・自分のスキルが活かせると思って入ったら、全く別の物を求められた。

 

・残業が少ないと思って入ったら、一部の部署だけだった。

これは転職の軸に沿った情報収集が出来ていないことによって起こります。

そうだ!情報収集の中級だ!

情報収集についてはこちらから→転職は情報戦!失敗しない5つの手順。~情報収集を徹底ガイド!~

面接における転職理由の一貫性。

転職の軸を決めていることで面接時に転職理由を聞かれた時にも一貫性を持って即答できるようになります。

面接で聞かれる質問はどこの企業でも共通することが多いです。

転職の軸が絡んでくる質問例を紹介します。

・今の会社から転職する理由は何ですか?

 

・うちの会社を選んだ理由を教えてください。

 

・10年後をどのように考えていますか?

このように転職理由やキャリアについて聞かれることがあります。

その時に自分の意思を一貫性を持って伝えるために転職の軸が役に立ちます。

転職での回答は一貫性が求められる。

無料で簡単AI自己診断
無料で適正企業の診断が出来るVIEW|若手ハイクラス向け転職アプリ

簡単に自分に合った業界・業種を教えてくれます。

私も友達と試しでやってみましたが、これがまた面白い!

AIが自動的にキャリアプランも提示してくれて、実際にどんな企業が該当するかを教えてくれます。

年収推移や仕事内容、必要なスキルについて教えてくれるので、その業界・職種がどんな仕事なのかをイメージが付けやすくなっています。

完全無料で職業適正を見ることができるので、転職を今すぐしようと思っていない方でも、試しに診断して見るといいかも!

 

転職の軸の軸で迷ったら?

転職の軸については分かってきたと思います。

まずは自分で実践してみよう!

もし、転職の軸で詰まってしまっているのであれば、第三者に話を聞いてもらう事が非常に重要です。

途中で詰まっちゃいました。

自分で進めることが困難になった場合は、転職エージェントを活用しましょう。

転職の軸における転職エージェントの活用法。

転職エージェントは転職のプロですが、その一方で営業マンなので、もちろん数字を追いかけています。

早く転職させたいし、出来れば自身に都合の良い企業へ行って欲しいと思っています。

そのことはしっかりと頭に入れて上手に活用して行きましょう。

転職エージェント活用のポイント

①考えた過程をしっかりと伝える。

②近い事例を持って来てもらう。

③欲しい回答を明確に提示する。

この3つをしっかりと意識して転職エージェントを活用すれば、相手の言いなりになることを避けることができます。

なるべく良好な関係を築いておきましょう。
その方が良い条件の企業を紹介してくれますし、親身になって話に乗ってもらいやすいです。

もし担当者が強引な方だった場合は、担当を変えてもらいましょう。あなたに真剣に向き合ってくれない人に遠慮する必要はありません。

転職の軸で困った時のオススメエージェント。

転職の軸を決めるのに、転職エージェントを使う際に重要なポイントになるのが、求人数が多くてデータをいっぱい持っている。

もしくは自身の状況に近い人が使っているというこの2点になります。

  • 求人数が多く利用データが多い。
  • 自分に近い状況の人が多く利用。
オススメ大手エージェント3選。
リクルートエージェント
 
✔オススメポイント

①求人数が業界No.1好条件の人気企業の非公開友人を多数保有しています。

②転職利用者の約8割が利用。経験の豊富なエージェントが多数在籍。

③豊富なデータで、幅広い年代で、幅広いニーズに対応。

マイナビエージェント
✔オススメポイント

①新卒生をメインにするマイナビは転職支援のサポートが充実。

②20~30代向けや第二新卒向けの非公開求人を多数保有

③若年層にはアドバイスの手厚さで人気があり、登録者数はNo.1。

DODA
✔オススメポイント

リクルートと並ぶ転職業界の最大手で経験豊富なエージェントが多数。

②専任アドバイザーの手厚いサポートで転職者満足度No.1。

③転職サイトと一体なので、個人での情報収集にも最適。

転職初心者は以上の3つは必須アイテムとなっていますので、登録忘れのないようにしましょう。

第3者目線を取り入れて転職を優位に進めよう!

合わせて読みたい→具体例から見る!転職の軸を撤退解析。~主要な3つの要素~

では、また!

◎ブログ情報やご意見、ご質問はTwitterにて受け付けています。

Retry YN【リト】@ゲームブログから一般ブログに挑戦中!(@DuX0514)さん / Twitter