Retry YN【リト】’s blog

ゲーム攻略ブロガーがあなたに送る。人生のはじめてを攻略化するブログ!

【はじめての転職】転職活動は一つのスキルだ!~転職のメリット・デメリット前編~

【はじめての転職】

転職活動は一つのスキルだ!

~転職のメリット・デメリット前編~

こんにちは、リトです。

前回は転職活動の動向総まとめと言うことで一度今までやってきた内容をおさらいしました。

今までやってきたことで見えて来たのは転職活動をすること自体がスキルを磨くことであり、転職が出来た時点でそれはもうスキルと言えることが分かってきました。

 

そんな得られることが多い転職活動なのですが、それを踏まえてどんなことがメリットになり、どんなことがデメリットになるのかを自身の経験を踏まえて3回に分けてお話して行きたいと思います。

 

前編では主に、転職する前の過程について着目して行きます。

就職後については中編でご紹介します。

転職過程と転職後で分ける理由。

まず最初になぜ、就職活動の過程と就職後に分けたかと言うことを先にお話しておきます。ここを理解して頂くことが転職活動に対する理解を深めることが出来ます。

 

基本的に私は転職活動に対して前向きな捉え方をしていますが、人によってはマイナスに働いてしまう事もあるというのもまた事実です。

 

そして、必ずしも転職したからと言ってそれが良い方向に行くとは限らないということを改めて認識した上で、転職をどう捉えるかですべきか否かを判断して頂きたいと思っています。

 

以上が、転職活動の過程と転職後で分けメリット・デメリットを紹介して行く理由となります。

転職活動のメリット・デメリット~前編「転職の過程」~

転職活動と大きなくくりだと別の会社に内定を貰って、入社するまでが転職活動だと思ってしまいます。まずはその前提を変えましょう。

 

転職活動の3つの段階のお話を思い出して欲しいのですが、情報収集をする。実はこれだけでも立派な転職活動です。

自己分析をして入りたい企業を探しておく。これも立派な転職活動です。

調べて自身の会社を分析する。これもまた転職活動です。

 

結果として、応募をしなくても業界・業種、企業について調べて、動ける選択肢を作っておくことが転職活動であると明言します。

 

つまり、その過程自体が転職活動と言えるということです。

今回はそこのメリット・デメリットについて言及して行きます。

転職活動の過程で得られるメリット

転職活動の過程で得られるものを5つほどピックアップしてきたので紹介して行きたいと思います。

①情報収集能力が身に付く。

情報収集能力はソフトスキルとしても非常に優秀です。

情報を持つということ自体があなたの引き出しを広くすることにもなります。

 

特に以下のような情報に強くなりやすいです。

  • 業種ごとの必要スキルが分かるようになる。
  • 業界の好調・不調などの変動について詳しくなる。
  • それぞれの企業の業績について詳しくなる。

などですね。

 

それだけな感じがしますが、情報の本当に重要な部分はその活用の方法です。

これらの知識は経済状況を見ることが出来ますし、投資に活かすことも出来ます。

②自己分析でスキルの棚卸が出来る。

また、普段は意識しない自分のスキルについて見直す機会となります。

結局のところ、仕事は自身が相手にどんな価値を提供できるか?というのが根本にあるので、自分のスキルを棚卸することで何を提供できるのか、出来る様になりたいのかを見つけることが出来ます。

 

自身がするべきなのかは転職なのか、副業なのか、独立なのか。

その選択肢を見直すことが出来るのでスキルの棚卸は転職をする予定でなくても、年に一度洗いなおす習慣を付けると良いでしょう。

③プレゼンテーション能力が付く。

転職活動は簡単に言ってしまえば、企業へのプレゼンテーションです。

と言うのも転職活動と言うのは言ってしまえば企業側のお買い物です。(笑)

 

実際に、履歴書・職務経歴書などの必要書類はあなたのカタログです。

面接というのは商品PRの場。

相手が欲しくなったら内定をもらえる。

 

凄くシンプルですが、これが真理であるため、転職活動をするということ。

すなわち、プレゼンテーション能力を磨くと言っても過言ではありません。

④計画性が身に付く。

転職活動においては時間管理や日程管理が非常にシビアになります。

そのため、前もってある程度の計画性がないと上手く行きません。

 

退職時期からある程度計画を立てて、自身の今の職場の調整を考えなくてはいけませんし、実際に面接を受ける際も自分の予定の管理が出来ていなくてはいけません。

よくある明日の仕事は何だろう的な行き当たりばったりでは絶対に上手く行かないのがこの転職活動です。

 

実際に転職活動をすることによって自分は普段の仕事以外の時間を作る大切さを学び、こうしてブログを書く時間の確保まで出来る様になっています。

心理的安全の確保。

非常に大きいのは転職活動を準備して置くだけでも、心にゆとりが生まれやすいことにあります。他に選択肢があるということで、人は余裕が出来るのです。

 

実際に自殺者の多くは、学校でのいじめや家庭環境、職場環境に依存することによって逃げ出せず、自殺に至るという経緯からもこのことが分かるでしょう。

 

転職を視野に入れて準備して置くことで他のコミュニティを知り、自身の環境依存度を下げることが出来るので、そのように捉えて準備して置く人がいても良いと思っています。

 

心のゆとりが生まれ、結果として現在の仕事のパフォーマンスを上げることにもなるでしょう。

 

このように今回は転職活動をすることによって生まれる5つのメリットをご紹介しましたが、細かく挙げれば、まだまだこれだけではありません。

要は手に入れた情報をあなたがどのように運用するかで可能性が広がります。

転職活動の過程で考え得るデメリット

次にデメリットを3つ紹介して行きたいと思います。

転職活動の過程で得られるものに対してはメリットよりデメリットの方が圧倒的にすくなかったので3つ厳選してお伝えしようと思います。

①時間を奪われてしまう。

これはやらなければそもそも生まれない事なので、デメリットと言えるかどうか分からないですが、転職活動で情報収集や準備をすることによって時間は奪われてしまいます。

 

いつもやっているゲームやYouTube、漫画など娯楽に充てている時間を削らなくてはいけなくなるのはもしかすると大きなデメリットになるかもしれませんね。

②今の仕事に身が入らなくなる。

メリットと表裏一体な部分になります。

心にゆとりを勘違いして、いつでも動けると思うことによって、今ある仕事自体に身が入らなくなってしまうケースです。

 

例えば、今やっている仕事が上手く行かなくて評価されないのは周囲が悪いと決めつけて、そんな環境はやめてやる!って思いチャレンジしなくなる事ですね。

 

仕事が上手く行かないのは自身の問題であって、評価されないことは関係ありません。

結果を数字で出していないにも関わらず、周囲が悪いと決めつけて転職で逃げるというケースは非常に良くないですね。

 

心のゆとりはあくまでハラスメントやストレスに対して策を作るためのものです。変な勘違いをするとデメリットになりかねない部分です。

③比較で不安になる。

情報収集の中で自分に足りないスキルを自覚したり、他者との比較で不安になってしまう事です。特に自分に自信がない人が良く陥るケースです。

 

ここで1つ皆さんに質問です。

自身の能力は努力次第で、向上すると思いますか?

 

ここで、いいえと答えた人は、転職活動は向いていません。

いいえの人は比較することで更に不安になり、何もしなくなるというケースがあります。これは完璧主義の特長に当てはまり、比較すればするほど自身を不幸へ持って行きます。

 

まずは、そのことをメンタルクリニックに相談して解決しなくては不安にさいなまれることでしょう。

転職活動の過程で得られるメリット・デメリットのまとめ。

今回の結論になります。

結局のところ物事に対して、プラスに捉えられるか、マイナスに捉えてしまうのかによってメリット・デメリットは反転してしまうことが分かりました。

 

ここで見られる心的傾向からあなたが転職活動をするのに向いているかどうかを見て行きましょう。

転職向き・不向きを見極める3つの質問。

今回、簡単にあなたが転職をメリットに変えられるのか、そうじゃないのかを見極める質問を3つ用意しました。ぜひ、考えて見て下さい。

①あなたは仕事をする上で、どちらを重視しますか?
  • 仕事はミスをしないことが重要だ。
  • 仕事はチャレンジすることが重要だ。
②あなたが異性の視線を感じて思うのはどちらですか?
  • 私に気があるんじゃないか。
  • 何か変なものでもついているのか。
③あなたがテストを受けて思うのはどちらかですか?
  • 出来がよさそう、返却が楽しみ。
  • 回答欄ずらして書いてるかもしれない。
質問の意図はポジティブ思考か、ネイティブ思考か。

今回の質問はポジティブ思考か、ネガティブ思考を図る質問です。

回答が前者の数がいくつありましたか?

3つ…あなたはポジティブ思考です。

2つ…あなたは比較的ポジティブ思考です。

1つ…あなたは比較的ネガティブ思考です。

0つ…あなたはネガティブ思考です。

 

もしあなたがネガティブ思考に当てはまる場合は、転職活動がマイナスに働いてしまうケースが高いです。

あくまで、転職活動で変えるのはあなた以外の外的要因であることを忘れてはいけません。

 

今回は転職の過程で得られるメリット・デメリットについてのお話でした。

次回は、外的要因である実際に転職をした後に起こるメリット・デメリットについて書いて行きたいと思います。

合わせて読みたい→転職は情報戦!失敗しない5つの手順。~情報収集を徹底ガイド!~

では、また!

◎ブログ情報やご意見、ご質問はTwitterにて受け付けています。

Retry YN【リト】@ゲームブログから一般ブログに挑戦中!(@DuX0514)さん / Twitter