Retry YN【リト】’s blog

ロードモバイル Retry YN リトです。

【ロードモバイル】 召喚獣育成を基礎から攻略! 無課金召喚獣比較ランキング ~戦場降臨編~

【ロードモバイル】
召喚獣育成を基礎から攻略!

無課金召喚獣比較ランキング

~戦場降臨編~

大人気徹底解説シリーズの召喚獣編です。

今回はローモバの主要要素となる召喚獣「戦場降臨」と言う目線で解説して行きます。

召喚獣には戦闘時に編成で使える戦場降臨と一般のお役立ちサポートのスキルが存在します。

召喚獣育成で結果は大きく変わる。

なお、今回は無課金で手に入れることが出来る召喚獣の戦場降臨についてランキング形式にして発表して行きます。

本記事を読むと、召喚獣育成における無課金召喚獣の戦場降臨の育成ランキングについて理解することが出来ます。

 

召喚獣育成の基礎事項

ランキングを紹介する前に召喚獣についての基礎について学んでおきましょう!

今回は召喚獣における以下の4つの項目について見て行きたいと思います。

  • 召喚の巻物について
  • 召喚獣の育て方について
  • 召喚獣のスキルについて
  • 戦場降臨について

基礎事項をおさらいして召喚獣の育成を効率化して行きましょう!

 

召喚の巻物について

召喚の巻物例:レベル2召喚の巻物A

召喚の巻物は全部でLV.1召喚の巻物A、LV.1召喚の巻物B、LV.2召喚の巻物A、LV.2召喚の巻物B、LV.3召喚の巻物、LV.4召喚の巻物、LV.5各種課金召喚獣と分かれています。

課金召喚獣を除き、召喚の巻物はランダムに召喚獣を輩出します。

その内、所有しているものは「獣石板」、はずれは「調教石」となります。

「獣石板」は集めることで召喚獣を進化または、召喚獣スキルの経験値を上げることができ、獣石板は調教石に変えることも出来ます。

「調教石」は使うことで召喚獣のスキルまたはレベルの経験値を獲得できます。

召喚獣「稚獣、幼獣、成獣」の順に進化させることでスキルを解放して行きます。

 

召喚獣の育て方について

召喚獣を育てて行く方法は大きく分けて4つの段階があります。

  1. 調教石、調教秘薬、調教神薬、調教場で召喚獣のレベルを上げる。
  2. 獣石板を集めて召喚獣を進化させる。
  3. 獣石板、調教石を用いて召喚獣スキルを育成する。
  4. 成獣完成後、降臨石Ⅰまたは降臨石Ⅱを用いて出陣出来る様にする。

 

調教石、調教秘薬、調教神薬、調教場で召喚獣のレベルを上げる。
左:調教石 中:調教秘薬 右:調教神薬

召喚獣の経験値はそれぞれ調教石が10、調教秘薬が50、調教神薬が2,000得られるようになっています。

また召喚獣のレベルは稚獣がMAX20、幼獣がMAX50、成獣MAX60です。

おすすめの調教場数は2~3個でヒーローは均等数配置良いでしょう。

※調教石はレベルに、ではなくスキルに使うようにするとGOODです。

 

獣石板を集めて召喚獣を進化させる。

獣石板例:樹木の精霊

獣石板の数は画像のように左下に記載され、稚獣・幼獣の2段階で進化し、指定された枚数を揃えることで進化が可能です。

獣石板の収集はレベル上げと同時に並行して行いましょう。

おすすめの精製の塔数は2~3個で忙しい人は多めに作っておくのが望ましいです。

また成獣になりスキルも育った召喚獣や育成予定の無いものに関しては、獣石板を調教石に変換して他の召喚獣の育成に当てると早く育てることが出来ます。

 

獣石板、調教石を用いて召喚獣スキルを育成する。

召喚獣のスキル例:ミミック

スキルを上げることでもらえる恩恵が大きくなります。

ローモバの育成段階では、このスキルが特に重要です。

 

成獣完成後、降臨石Ⅰまたは降臨石Ⅱを用いて出陣出来る様にする。

戦場降臨例:トリックスター

召喚獣の中には成獣になると「戦場降臨」と言って、戦闘の構成に組み込むことが出来る召喚獣がいます。

戦場降臨レベルを上げることで、戦闘時に発揮する能力が上昇していき、戦場降臨のレベルを上げるには降臨石Ⅰまたは降臨石Ⅱが必要となります。

左:降臨石Ⅰ 右:降臨石Ⅱ

降臨石Ⅰはレベル3以下の召喚獣で必要になり、降臨石Ⅱはレベル4以上の召喚獣で必要となります。

降臨石Ⅰの取得はログインボーナス、地獄級イベント、商船、ギフト交換祭、KVK・ギルド共闘・サッカー報酬などが挙げられます。無課金でも育成可能。

降臨石Ⅱの取得は地獄級イベント、ギフト交換祭、KVK報酬などが挙げられます。無課金では育成ほぼ不可能。

ジェムでも交換は可能ですが、割に合わないのでおすすめはしません。

 

召喚獣のスキルについて

召喚獣のスキルは大分類で2種類、中分類3種類あるので紹介しておきます。

  • 強化スキル
  • 補助スキル(補助系スキル・攻撃系スキル)
強化スキル

強化スキルはプレーヤーの意図を問わずに発動するスキルです。

いわゆる内政ブーストが多く該当します。

内政ブーストについてはこちらを参考に⇒ローモバのヒーローを攻略!用途別徹底解説シリーズ~内政ヒーロー編~

補助スキル

補助系スキルはプレーヤーの任意のタイミングで発動することが出来るスキルが該当し、さらに細かく2つに分けられています。

〇補助系スキル

補助系スキルはアテナバリアが表示される下のドラゴンの顔マークから入り上記画像のように表記されます。

戦略・戦術の部分は発動にスキル核が必要です。

〇攻撃系スキル

攻撃系スキルは対象の城を選択して、ドラゴンマークを押すと左の画像のように選択が出来ます。

攻撃系スキルの発動には全てスキル核が必要です。

※スキル核の精製は一部を除き、太古の核または混沌の核が必要となります。

左:太古の核 右:混沌の核

地獄級、すごろく、ギフト交換祭、イベント系報酬などで手に入れることが出来きます。

 

戦場降臨について

戦場降臨を行うには2つの条件が存在します。

  1. 召喚獣の戦場降臨のアンロックする。
  2. 研究の召喚獣降臨をアンロックする。

この2つをクリアすることでペットとして連れ出すことが出来ます。

簡単にいうと召喚獣の方で種類を研究の方で連れ出す数が決まります。

左:召喚獣のアンロック 右:研究のアンロック

召喚獣の戦場降臨で組み込むことの出来る範囲は自身の城の防衛、対城の単騎・砲台、駐屯、要塞戦の砲台となっているので状況に応じて編成を変えましょう。

 

召喚獣の装備

育成をサポートする上で重要になる装備ですが、それぞれの部位で一択となるのでさっと紹介します。

召喚獣の装備

装備は一個づつ作って行く方が一般的には効率がよいと言われますが、召喚の書を作りながら同時並行で進めることが多いので、個人的には待ち時間を作るより出来るのを作ってしまえばよいと思っています。

とはいえ、召喚獣の装備のなかでレア素材が必要となるのは50レベ以上のメイン、頭、サブのみです。

内容は戦闘装備になりますが、装備作りの基礎についてはこちらを参考に⇒その考えで大丈夫?超実践レア素材の使い方。装備作りを徹底マスター!

以上を召喚獣の基礎としてランキングに参りましょう!

 

召喚獣】戦場降臨の考察条件

召喚獣のスキルに関しては数値化出来る要素が少ないので1つのスキルに対して使用頻度と価値、効果を総合的に考えて5段階評価で合計して算出します。

評価基準については以下のような指標で測定します。

召喚獣の戦場降臨の評価基準

召喚獣の戦場降臨は装備やヒーローとは直接数字で表せるわけではなく、相性や目的、自身や相手のブーストによって大きく結果が異なったりすることが多々あります。

また戦場降臨の発動条件を満たせず、召喚獣がただいるだけの状態になっているケースというのも存在します。

そのため評価が一定とはならず上下の関係を設けることにあまり意味をなさないため、各プレーヤーの使用頻度や理に適う使用をしていることを前提に以下の評価基準を設けました。

召喚獣スキル5段階評価基準

5点…使用頻度が非常に高く、戦闘に多大な影響を与えるもの。

4点…使用頻度は高く、非常に有効であるもの。

3点…使用頻度は中程度で、一定の効果が得られるもの。

2点…使用頻度は低いが、比較的万能な働きをするもの。

1点…使用頻度は初期が多く、効果的に使われる頻度が落ちてもの。

0点…使用されることはなく、現環境でほとんど効果を得られないもの。

以上の評価基準でワンダー戦、対城ラリー戦、城防衛戦の3つの項目で算出して行きます。

※ワンダー戦では424系や442系と言った現環境の主流、対城ラリー戦はウサギを使った単種ラリー、城防衛戦は兵数20~30Mで一般的な王国のシングルラリーを受けることを想定します。

【評価基準例:レベル4召喚獣グリフォン

グリフォンの降臨効果」…総損失10%時、軍隊攻撃200%アップ(10秒間)

・ワンダー戦でよく使われるが課金召喚獣と入れ替えられることが多いため4

 

・ラリー戦ではよく固定で使われるが交換要員となるため4点

 

・防衛戦では発動条件が厳しいため1点

※以上の3つの総合点で召喚獣の活躍の場面が多いと判断し、優先度を選定して行きます。

 

無課金召喚獣比較ランキング~戦場降臨編~

召喚獣の育成が進んで来ると連れ出したくなる召喚獣

今回は戦場降臨をランキング形式でまとめました。

発表は得点上位5位まで紹介してその後のランキングについては得点数を表にまとめているのでそちらをご覧ください。

これから育成を進めて行く人は参考にしてみて下さいね。

レベル5の課金召喚獣については全員に共通しているわけではないので、今回はランキングから外しました。

課金召喚獣が気になる人はこちらの記事をご参照ください⇒ローモバの召喚獣育成を攻略!レベル別徹底解析シリーズ~レベル5課金召喚獣スキル編~

召喚獣ランキング第1位:総得点数12点

召喚獣比較ランキングの1位は二つの戦場降臨の能力が同率でランクインしました。

活躍の場面から見て優先して育てるべき召喚獣になります。

ミミック、スノービースト、セイバーファン】〇兵12%損失時、〇兵7%の被害をバリア
ミミック、スノービースト、セイバーファンの戦場降臨

言わずと知れた最強降臨バリア召喚獣

その性能は課金召喚獣にも引けを取らず、単種ラリーでは必須レベル、ワンダー戦(特に攻撃時)に大きな役割を果たします。

しかし、育成には降臨石Ⅱが必要となるため実際に無課金で降臨させることは非常に難しくなっています。

また、防衛戦での活躍の場は少なく1種に固めて多重を受けるような場合以外はあまり採用されません。

それなりに課金をしている人は真っ先に降臨スキルレベルをMAXまで上げておきたいところです。

用途の適正についてはこちらから⇒召喚獣を攻略!レベル別徹底解解析シリーズ~レベル4召喚獣戦場降臨編~

バリアなのに攻めの召喚獣

 

【シャーマンモグラ、堕落した黒魔術、ノセロス】〇兵損失5%時、〇兵攻撃・HP60%づつアップ(15秒間)
シャーマンモグラ、堕落した黒魔術、ノセロスの戦場降臨

2022年の8月末に新規で追加された戦場降臨がランクイン。

ここ最近では新規要素が追加されることが多く、ローモバ内のゲームバランスを変えようとIGGが狙っているのが伺えますね。

その性能はかなり優秀で特に対城ラリーと防衛戦で大きな効果の発揮が見込まれます。現環境では防衛時の被害量増加に伴って、ある程度の兵数が負傷する前提での召喚獣配置がされるようになってきました。

そこでこの新降臨というわけです。

詳しい用途考察についてはこちらから⇒召喚獣を攻略!レベル別徹底解解析シリーズ~レベル3召喚獣戦場降臨編~

 

召喚獣ランキング第2位:総得点数9点

総得点数9点で4パターンの戦場降臨で6体の召喚獣がランクインしています。

グリフォン】総損失10%時、軍隊攻撃200%アップ(10秒間)

グリフォンの戦場降臨

万能召喚獣グリフォンの戦場降臨はここでランクイン!

悩んだ時はとりあえず、入れとけ!ってレベルで使われることが多いですね。

しかし、それでOKなのはワンダー戦と対城ラリーまで。

防衛召喚獣として突っ込んでしまうと機能しないことがよくあるので要注意です。

総損失は前衛から削れていく防衛戦においては兵種負傷と比較すると約3倍の被害が出なければ発動しません。(均等配置の場合)

この事を考えると総損失での発動の召喚獣は基本的に防衛に向かないことが分かります。

総損失で発動の召喚獣は防衛に向かない!

 

【ヘルドライダー】総損失7%時、敵最大部隊を11秒石化。

ヘルドライダーの戦場降臨

2022年の9月半ばに入ってから新規で追加された戦場降臨のヘルドライダーがランクイン。いわゆる石化スキルとなっています。

後述しますが、同様の内容で風の精霊で気絶スキルがありますが、それの発動条件が緩く高速時間が長くなったものになります。

実際11秒というのは非常に長く、特にワンダー戦での単種系ラリー(208、820など)の対策として用いるのが適しています。

状況は選びますが、自分の苦手な兵種が多い時に大きな役割を果たす為、得点的にはグリフォンと同クラスというのが妥当なポジションでしょう。

 

【メガマゴット】総損失15%時、敵ヒーロー気絶(5秒間)

メガマゴットの戦場降臨

永らくグリフォンとどっちが優秀かのバトルが繰り広げられていたメガマゴットのヒーロー気絶スキルですが、現状ではグリフォンに軍配が上がっているようです。

実際のところ、ヘルドライダー、メガマゴットは相手のレベルや自身のブーストによって大きく左右される部分が大きく、明確にブーストを表記しているグリフォンとは考え方がそもそも違うような気がしますが、今はそっとしておきましょう。

基本的に使い方はグリフォンと同様で劣化版だと言われています。

グリフォン≧ヘルドライダー≧メガマゴットと考えられる。

3体の用途ついてはこちらから⇒召喚獣を攻略!レベル別徹底解解析シリーズ~レベル4召喚獣戦場降臨編~

いずれも降臨石Ⅱが必要。とりあえずはグリフォンから育てよう。

 

【ジェムグレムリントリックスター、ゴールデンゴブリン】〇兵10%損失毎、〇兵攻撃100%アップ(効果重複最大900%アップ)
ジェムグレムリントリックスター、ゴールデンゴブリンの戦場降臨

通称無課金御三家の3体がランクイン。

10%負傷で攻撃100%アップってめっちゃ強いじゃん!って初心者がはじめて見て思う召喚獣ですね。

しかし、あなたはこのスキルの本当の意味を理解していますか?

実はこの召喚獣の働きは攻撃力を上げるわけではありません。

もちろん上がるタイミングもありますが、基本的には負傷兵が増えて行くに従って火力は低下して行きます。

仮に100万でブースト500%攻めた場合、60万になるまでは攻撃力がわずかに上昇し、50万の時には初期と同ブースト。以降は火力が低下して行きます。

100万×500%の計算で負傷兵とブーストアップ量をそれぞれ計算して見ると明らかとなります。

また、次の発動までの10万が負傷するまでは火力は落ちて行くのは想像に難しくないと思います。

つまり、本質的には火力減退を遅くしているというのが正しい表現ですね。

これがこの召喚獣の正体で、あとは他のブーストとの絡みとなります。

使用用途についてはこちらを参考に⇒召喚獣を攻略!レベル別徹底解解析シリーズ~レベル3召喚獣戦場降臨編~

 

召喚獣ランキング第3位:総得点数8点

ここまでは優先して育てておきたい召喚獣に入るのが総得点8点までです。

ここでは1位のトリックスターを合わせて単種攻撃アップの召喚獣がランクインしています。

【火の精霊】戦闘開始時、部隊攻撃力60%ヒーローの必殺ダメージアップ(10秒間)

火の精霊の戦場降臨

発動条件なしのイチオシ召喚獣の火の精霊がここでランクイン。

火の精霊は発動条件がないことから防衛に向いた召喚獣です。

また、発動条件がないと言うことは雑魚狩りなどでは有効に働きやすくなっています。

とはいえ、単体性能で見ると他の召喚獣に軍配が上がることも多いので防衛に重きを置いていて万能に使いたい人にはオススメの召喚獣となっています。

どちらかといえば火の玉の活用法の方が興味があるのでは?⇒ローモバの召喚獣育成を攻略!レベル別徹底解析シリーズ~レベル2召喚獣スキル編~

 

【ニードルタートル、マグマロード、バトルゴブリン】戦闘開始時、敵〇兵HP40%ダウン
ニードルタートル、マグマロード、バトルゴブリンの戦場降臨

発動条件なしの敵兵種HP40%ダウンの召喚獣がランクイン!

様々なプレーヤーから高評価を受けているこのHP40%ダウンのスキルは防衛に非常に適したスキルとなっています。

一般的に攻撃とHPのどちらが強いと言われることがありますが、そこに希少性というのは含まれることはあまりありません。

一般的なプレーヤーにとって攻撃の方が上げやすく、HPの方が上げにくいというの側面があるのでHPダウンが刺さりやすくなっています。

用途の詳細についてはこちらから⇒ローモバの召喚獣を攻略!レベル別徹底解解析シリーズ~レベル1召喚獣戦場降臨編~

 

召喚獣ランキング第4位:総得点数7点

ここでは3召喚獣、3パターンがランクインしています。

初心者プレーヤーが育てていく中で初期段階で有用になりやすい召喚獣ですね。

【風の精霊】総損失10%時、人数の多い相手部隊気絶。(10秒間)

風の精霊の戦場降臨

ヘルドライダーの登場で完全に下位互換扱いとなってしまった風の精霊がここでランクイン。

風の精霊もヘルドライダーと同様に完全に使う場面を選ぶ召喚獣です。

総損失10%で発動な為、防衛にも非常に使いづらい召喚獣で、ワンダー戦でも城ラリー戦でも他に入れるのがいなければというのが現状です。

基本的には相手からのダメージを軽くするというのがこのスキルの特長なので、初心者プレーヤーが進んで育てるメリットは薄いでしょう。

圧倒的!器用貧乏な召喚獣

 

【ベルゼブブ】戦闘開始時、軍隊HP15%アップ

ベルゼブブの戦場降臨

シンプルイズベスト。ベルゼブブも使える範囲的にこの順位となりました。

ベルゼブブのスキルは単純明快で15%HPをアップするというもの。

説明は不要ですよね?(笑)

この単純明快さな分、場面は選びません。

詳細はこちらから⇒ローモバの召喚獣を攻略!レベル別徹底解解析シリーズ~レベル2召喚獣戦場降臨編~

 

【水の精霊】戦闘開始時、敵軍隊HP15%ダウン

水の精霊の戦場降臨

シンプルイズベスト。水の精霊も使える範囲的にこの順位となりました。

こちらは敵のHPを15%ダウン。

ベルゼブブが良いのか、水の精霊が良いのかは完全に好みの領域になります。

自分の兵が減るのを減らしたければベルゼブブ、相手の兵が減るのを早くしたければ水の精霊といったぐらいの違いです。

詳細はこちらから⇒ローモバの召喚獣を攻略!レベル別徹底解解析シリーズ~レベル1召喚獣戦場降臨編~

 

召喚獣ランキング第5位:総得点数6点

ここからは正直後回しでも良い召喚獣となっています。

ここでは1タイプの3召喚獣がランクインしました。

ハーピー、魔術師、ダークハーピー】〇兵損失10%時、〇兵HP80%アップ(10秒間)
ハーピー、魔術師、ダークハーピーの戦場降臨

兵種損失10%時、兵種のHPを80%アップする召喚獣

強いんですよ。彼らも。実は。

ですが、他の召喚獣のスキルと比較されてしまうと、このポジションとなってしまいます。

一筋の希望として、近年のブーストインフレの追い風と今回のランキング1位で紹介したシャーマンモグラ、堕落した黒魔術、ノセロスとの併用によって評価が見直される可能性があると言ったところです。

詳細についてこちらの記事で解説をしています⇒ローモバの召喚獣を攻略!レベル別徹底解解析シリーズ~レベル3召喚獣戦場降臨編~

 

召喚獣ランキング第6位:総得点数5点

ちゃんとポイントの付いた召喚獣としてはここが最後となります。

これ以降の召喚獣に関しては降臨させる価値はないという扱いで構いません。

1タイプの3召喚獣がランクインしています。

【タクミドワーフ、ノーム、イエティ】戦闘開始時、〇兵攻撃15%アップ
タクミドワーフ、ノーム、イエティの戦場降臨

兵種の攻撃15%アップシリーズは得点が付くものでは最下位となりました。

使えない訳ではないのですが、他の召喚獣と比べるとちょっとね~。って感じです。

とはいえ、作成コストは安いのでとりあえずコレクションで作ってみるというのはありですが、それをやるぐらいならアーティファクトを育てた方が効果は高いです。

詳しくはこちらから⇒ローモバの召喚獣を攻略!レベル別徹底解解析シリーズ~レベル1召喚獣戦場降臨編~

 

召喚獣比較ランキング一覧

残りの召喚獣は得点順に表にまとめているので参考にどうぞ。

※一覧表はパソコンやタブレット画面が綺麗に見えるので推奨です。

巻物区分 魔獣名 戦場降臨 ワンダー戦 ラリー戦 防衛戦 合計点数
LV4 ミミック 歩兵12%損失時、歩兵7%の被害をバリア 5 5 2 12
LV4 セイバーファン 騎兵12%損失時、騎兵7%の被害をバリア 5 5 2 12
LV4 スノービースト 弓兵12%損失時、弓兵7%の被害をバリア 5 5 2 12
LV3 ノセロス 騎兵損失5%時、騎兵攻撃・HP60%づつアップ(15秒間) 3 4 5 12
LV3 堕落した黒魔術師 弓兵損失5%時、弓兵攻撃・HP60%づつアップ(15秒間) 3 4 5 12
LV3 シャーマンモグラ 歩兵損失5%時、歩兵攻撃・HP60%づつアップ(15秒間) 3 4 5 12
LV4 メガマゴット 総損失15%時、敵ヒーロー気絶(5秒間) 4 4 1 9
LV4 ヘルドライダー 総損失7%時、敵最大部隊を11秒石化。 4 4 1 9
LV3 グリフォン 総損失10%時、軍隊攻撃200%アップ(10秒間) 4 4 1 9
LV3 トリックスター 弓兵10%負傷毎、弓兵攻撃100%アップ(効果重複最大900%アップ) 3 4 2 9
LV3 ジェムグレムリン 歩兵10%負傷毎、弓兵攻撃100%アップ(効果重複最大900%アップ) 3 4 2 9
LV3 ゴールデンゴブリン 騎兵10%損失毎、騎兵攻撃100%アップ(効果重複最大900%アップ) 3 4 2 9
LV2B 火の精霊 戦闘開始時、部隊攻撃力60%ヒーローの必殺ダメージアップ(10秒間) 2 2 4 8
LV1B ニードルタートル 戦闘開始時、敵歩兵HP40%ダウン 2 2 4 8
LV1A マグマロード 戦闘開始時、敵弓兵HP40%ダウン 2 2 4 8
LV1A バトルゴブリン 戦闘開始時、敵騎兵HP40%ダウン 2 2 4 8
LV2A 風の精霊 総損失10%時、人数の多い相手部隊気絶。(10秒間) 3 3 1 7
LV2A ベルゼブブ 戦闘開始時、軍隊HP15%アップ 2 2 3 7
LV1B 水の精霊 戦闘開始時、敵軍隊HP15%ダウン 2 2 3 7
LV2B ハーピー 歩兵損失10%時、歩兵HP80%アップ(10秒間) 2 3 1 6
LV2A 魔術師 弓兵損失10%時、弓兵HP80%アップ(10秒間) 2 3 1 6
LV2A ダークハーピー 騎兵損失10%時、騎兵HP80%アップ(10秒間) 2 3 1 6
LV1B ノーム 戦闘開始時、弓兵攻撃15%アップ 1 2 2 5
LV1B イエティ 戦闘開始時、騎兵攻撃15%アップ 1 2 2 5
LV1A タクミドワーフ 戦闘開始時、歩兵攻撃15%アップ 1 2 2 5
LV4 メチャトロジャン 戦場降臨未登場 0 0 0 0
LV4 タイダルタイタン 戦場降臨未登場 0 0 0 0
LV4 グリムリーパー 戦場降臨未登場 0 0 0 0
LV2B ボルダー 騎兵損失10%時、騎兵防御80%アップ(10秒間) 0 0 0 0
LV2B 亡霊兵士 歩兵損失時、歩兵防御80%アップ(10秒間) 0 0 0 0
LV2B グラビィー 戦闘開始時、軍隊防御15%アップ 0 0 0 0
LV2A テンペスト 一定損失時、弓兵防御80%アップ(10秒間) 0 0 0 0
LV1B ビーストマスター 戦闘開始時、敵騎兵防御40%ダウン 0 0 0 0
LV1A 樹木の精霊 戦闘開始時、敵歩兵防御40%ダウン 0 0 0 0
LV1A 土の精霊 戦闘開始時、敵軍隊防御15%ダウン 0 0 0 0

 

それぞれのレベルについての召喚の書はこちらにまとめているので合わせて読んでみて下さい。

 

では、また次回おたのしみに~♪

当ブログのリンクはご自由にお使いください。

◎「無課金・微課金で課金額を増やしたい」そんな願いを叶えます。

家族にバレない唯一の方法。無課金・微課金の救世主!~課金に使えるポイントサイトまとめ~

◎ブログ情報やご意見、ご質問はTwitter又はDiscordにて受け付けています。

Retry YN【リト】@ゲームブログから一般ブログに挑戦中!(@DuX0514)さん / Twitter

◎ギルド情報はYouTubeチャンネル!